朴鎭杓(パク ジン ピョ)

  • パートナー
  • T. +82-2-3404-0677
  • F. +82-2-3404-7308
  • E. chinpyo.park@bkl.co.kr

概要

朴鎭杓弁護士は、エネルギー規制・投資、企業の買収合併(M&A)及びプライベートエクイティ分野などの業務を担当し、特に電力市場、電力購買契約(PPA)、LNG購買契約とターミナル利用契約、エネルギー転換に係る法的イシューをはじめ、電力産業やガス産業などのエネルギー分野における規制と契約及び投資において優れた力量と豊かなアドバイス経験を有しています。

朴弁護士は、ソウル大学校法科大学を卒業した後、第30期司法研修院を修了し、米University of Houston Law Center, the LL.M. Program in Energy、 Environment and Natural Resources Lawでエネルギー資源法を専攻しました。

経歴

2004-現在 法務法人(有限)太平洋
2001-2004 陸軍法務官
その他経歴
2019 社団法人大韓電気協会専門委員会委員
2019 大韓弁護士協会粒子状物質環境委員会委員
2019 韓国水資源学会エネルギー分科委員会委員
2018-現在 企画財政部補助金管理委員会民間委員
2018-2020 大統領直属北方経済協力委員会専門委員
2018 韓国太陽光産業協会専門委員
2017-2018 持続可能な電力政策連合電力政策専門委員
2016-2017 韓国ガス公社第5基地及びガス市場発展戦略諮問委員会委員
2015 電力法フォーラム韓国電力公社推薦委員
2014-2022 国民年金公団代替投資委員会委員
2013-現在 海外資源開発協会研究委員

主な案件実績

資源安保特別法(案)制定のアドバイス
GP EPS、東西発電などへの直接PPAのアドバイス
韓国ガス公社に対する個別料金制その他都市ガス事業法規制のアドバイス
韓国電力公社に対する民間石炭発電会社、余剰ガス発電会社との政府承認差額契約(vesting contract)の研究役務及びアドバイス
発電子会社と民間発電会社とのLNG導入契約に関するアドバイス
資源安保特別法(案)制定のアドバイス
GP EPS、東西発電などへの直接PPAのアドバイス
韓国ガス公社に対する個別料金制その他都市ガス事業法規制のアドバイス
韓国電力公社に対する民間石炭発電会社、余剰ガス発電会社との政府承認差額契約(vesting contract)の研究役務及びアドバイス
発電子会社と民間発電会社とのLNG導入契約に関するアドバイス
SKガスのターミナル利用契約に関するアドバイス
水素燃料電池発電、太陽光発電、風力発電プロジェクトに関するアドバイス
ユジン超低温社に対する冷熱事業規制のアドバイス
Keppel Infrastructure Trustによる慶南エネルギーの買収推進に関するアドバイス(都市ガス部門の料金など諸規制に関するアドバイスを含む)
IMMインベストメントによる港湾、セルトリオングループ会社、忠南都市ガス、ナジン産業等への投資・買収アドバイス
産業通商資源部による海外資源開発ファンド法制の改善方案に関するアドバイス
韓国電力公社による鬱陵島エコ・エネルギー自立島の造成事業の電力取引契約(PPA)に関するアドバイス
KDIに対する韓国ガス公社のモザンビークCoralガス田FLNGの開発事業及びRovuma LNGプロジェクトの予備妥当性調査に関するアドバイス
国土交通部に対するカナダSaskatchewan州の小型LNG液化プラント事業の妥当性調査に関するアドバイス
韓国地域暖房公社による区域電気事業の経済性の改善方案に関する研究役務
韓国西部発電による米ネバダの太陽光発電事業の売却に関するアドバイス
LG商事によるSTXエナジーの買収に関するアドバイス
ポスコ建設による泰岐山風力発電の持分売却に関するアドバイス
済州金寧風力発電プロジェクトに関する貸主団へのアドバイス
A社によるインドネシア鉱区投資会社の持分売却の推進に関するアドバイス
海外資源開発協会による成功払融資審査の役務及びその他多数の研究役務
南部発電による嶺南天然ガス発電所プロジェクトに関するアドバイス(PF、財務的投資者の投資、主機器の購入、建設、O&M契約、規制など)
KB資産運用による泰岐山風力発電のrefinancingに関するアドバイス
現代重工業による現代オイルバンクの経営権の買収及び紛争に関するアドバイス
LG電子と日立による水処理企業への合弁投資に関するアドバイス
旭硝子による韓国電気硝子の公開買付けに関するアドバイス
韓国タイヤによるインドネシア現地工場の設立プロジェクトに関するアドバイス
産業通商資源部の電気事業法下位法令制定に関するアドバイス(発電事業許可基準、経営権変動承認など)

学歴

2012 米University of Houston Law Center (LL.M.)
2001 第30期司法研修院
1998 第40回司法試験合格
1998 ソウル大学校法学科

主な活動

著述
LNG、世の中を変える燃料、Michael D.Tusiani、Gordon Shearer 著(共同翻訳、シグマプレス、2017)
電力生態系のデジタル化に向けた法制の研究、規制法制レビュー第23-1号(韓国法制研究院、2023)
LNG売買契約及びターミナル利用契約の主要条件の分析(海外資源開発振興財団、2019)
朴鎭杓弁護士の世の中を変える燃料、読者投稿1-12回(電気新聞、2018)
Electricity Regulation, Getting the Deal Through: Korea Chapter (Lexology, 2017)
エネルギー大転換のガバナンスとLNG発電の役割拡大に向けた方策、冬連盟誌論壇(韓国ガス連盟、2017)
新再生可能エネルギー法律のリスクと解消策、リーガルインサイト(聯合インフォーマックス、2017)
Gas Regulation, Getting the Deal Through 14th Ed: Korea Chapter (Lexology, 2016)
中南米における資源開発制度の分析 – ペルー鉱物資源開発法制度 Vol.9(海外資源開発協会、2015)
新再生可能エネルギーの供給義務化制度の改善策の研究、環境叢書(大韓弁護士協会、2014)
北米における石油ガス法制の概観(資源・エネルギー法制研究会研究論文集、2013)
Korea M&A review in Korea (International Mergers & Acquisitions Review, 2013)
公開買付規制の改善に関する提言、BFL 55号(ソウル大学校金融法センター、2012)
コーポレートガバナンスに対する新たな考え方の探求 - 投資契約仮説に基づくコーポレートガバナンスモデルに関する時事評論、法学評論 Vol.2(ソウル大学校出版文化院、2011)
組合型集合投資機構の業務執行組合員と横領罪–旧産業発展法上のコーポレートガバナンス調整組合に対する事例を中心に、BFL 39号(ソウル大学校金融法センター、2010)
海外資源開発事業法の改善策の研究(共著、資源・エネルギー法制研究会研究論文集、2010)
経営権防御手段としての支配権付株式の導入の提案、コーポレートガバナンスレビュー Vol.29(韓国コーポレートガバナンス改善支援センター、2006)
金融産業の構造改善に関する法律の改善策–不健全金融機関の処理規定の問題点に関する考察、BFL第7号(ソウル大学校金融法センター、2004)
活動
Toward Increased Flexibility and Competition in East-Asian LNG Markets (The Institute of Energy Economics, Japan, 2019)
電力産業公共部門の民間委託勤労者に対する正規職化の法的問題に関する討論会の発題者(大韓民国国会、2019)
電力市場メカニズムをめぐる法的葛藤と代案の模索の発表者(電力フォーラム、2019)
オーストラリアにおける鉱山の開発の許認可手続き及び事例の分析の発表者(海外資源開発協会、2017)
Where Korea's Renewable Sector Is Headed Amid Evolution in Energy Policyの発表者(IPFA Asia Moody's Investors Service & Macquarie Capital 共同主催、2017)
LNG発電の役割拡大に向けた制度改善 - 新気候体制とLNG産業の役割セミナーの発表者(エネルギー経済新聞、2017)
資源開発資産運用専門家課程、海外石油ガス開発に関する国際法講義(海外資源開発協会、2015-2017)
トルクメニスタンの外国人投資及び石油法制の発表者(全国経済人連合会、2013)
受賞
IFLR 1000 - Leading Lawyer (2018-2023)
Getting the Deal Through: Electricity Regulation - National expert (2018)

資格

2001 大韓民国

メディア

メディア